不眠症の治療

睡眠薬の効果

不眠症の治療には、生活習慣や環境対策からできる日常的対策と、医師に診てもらう不眠症治療がありますが、ここでは医師に診てもらう薬物療法について紹介します。

 

不眠症の治療では、内科、精神科で診てもらうことが一般的ですが、最近では心療内科や不眠症外来設けている病院での受診も増えてきています。また診察だけでなくカウンセリングを行っている施設もあります。

 

 

不眠症の治療は、一般的に睡眠薬といわれる薬や、抗うつ剤、抗精神病薬を併用して治療が行われます。

 

睡眠薬には大きく分けで2つのタイプがあります。

 

 

1.睡眠改善薬

 

ほとんどの市販されている薬は、睡眠改善薬になります。

 

  • ドリエル
  • プロリズム
  • ドリーネン
  • ネオディ

 

睡眠改善薬は眠気を促す効果はありますが、深い眠りまでの効果はあまり期待できません。このタイプの薬は抗ヒスタミン薬の副作用である、眠気を利用したもので、風邪薬を飲んだ時などに眠くなってしまう経験があると思いますが、それを逆に利用したと考えればわかりやすいかもしれません。しかし、その分効果は強いものではなく、一時的に眠れないというような時に使うと考えておくくらいの方がいいと思います。

 

睡眠改善薬を飲んだからといって、根本的なところを改善してくれるわけではありませんから、あくまで一時的な手助けをしてくれるものという程度に考えて、日常生活などで気を付けて治していくことが大切です。

 

 

2.睡眠導入剤

 

睡眠導入剤は医師が処方する薬に多く、現在はベンゾジアゼピン系睡眠薬と呼ばれるものが主流になっています。昔に比べ睡眠薬の副作用は少なくなってきていますが、それ故に依存してしまうという危険性も含んでいます。

 

睡眠導入剤は、どの程度の時間で作用するかによっていくつかの種類に分けられますので、まず、どの不眠症のタイプなのかによって薬の選択も異なりますから、医師に相談して自分に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

 

  • 超短時間作用型(3時間程度の効果)
  • ハルシオン、アモバン

  • 短時間作用型(6時間程度)
  • レンドルミン、デパス、リスミー、エバミール、ロラメット

  • 中時間作用型(12時間程度)
  • ベンザリン、ネルボン、ニトラゼパム、ロヒプノール、ユーロジン、エリミン

  • 長時間作用型(24時間以上)
  • ソメリン、インスミン

 

副作用がなければ安全だという気持ちから、その薬に依存してしまうことは、長期的にみると決して良いことではありません。基本的に不眠症は睡眠薬で完治する疾患ではないため、いくら薬を飲み続けたとしても、それだけでは解決はしません。

 

睡眠改善薬と同様、睡眠薬の手助けを借りながら、日常生活でも改善をしていくことで、不眠症を解消していくことが必要です。

睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用は、以前に比べ少なくなってきたとはいえ、全くないわけではありません。飲み方を間違ってしまうと、効果がないだけでなく、本来眠くなっては困る日中にも眠気を感じてしまうというようなことも起きてしまいます。

 

特に、眠気が起きては困る時間帯に起きてしまうと、運転中の事故などの危険性がありますので、十分な注意が必要です。

 

 

一般的に睡眠薬に起きる副作用には以下のようなことがあります。

 

  • 持越効果:日中の眠気、脱力感、めまい、頭が重い、倦怠感など
  • 記憶障害:用量を守らない多量摂取やアルコールとの併用によって起こる
  • 筋弛緩作用:筋肉に力が入らず、倒れたり転びやすくなる
  • 依存症:睡眠薬の成分に対して抗体ができ、効果に必要な摂取量が増える。摂取量が増えると副作用の効果も大きくなる。睡眠薬を止める時の反動も大きくなる。

 

このような副作用があることを理解したうえで、正しい使い方をすることが大切です。

 

 

大事なことは、睡眠薬には副作用があるということをしっかりと理解したうえで、

 

  • 不眠症は睡眠薬だけで完治できないこと
  • そのためには日常生活の改善など根本原因を解決していくこと
  • 安易に睡眠薬に依存せずに、あくまで手助けをしてくれるものだと考えること

 

このように考えていくことが大切です。睡眠薬への依存によって、逆に健康を害してしまうようにならないように十分気を付けましょう。