不眠症の症状

不眠症は症状によって大きく4タイプに分けられます。

 

  • 入眠障害

    寝つきが悪く、寝るまでに30分以上かかってしまい眠れない症状。不眠症の中では一番多いタイプです。

 

  • 中途覚醒

    朝起きるまでに何度も目が覚めてしまい、十分な睡眠がとれない症状。中高年に多いタイプです。

 

  • 早朝覚醒

    朝早くに目が覚めてしまい、そのまま眠れなくなってしまう症状。高齢者に多いタイプです。

 

  • 熟眠障害

    睡眠時間は十分とっているけれど、眠りが浅いために熟眠感がない症状。神経質な人に多いタイプです。