ストレスや不眠に役立つお茶成分

ストレスや不眠に役立つお茶成分

 お茶の成分といえば「カテキン」が有名だが、このところ「テアニン」が話題になっているのをご存じだろうか。

 

 テアニンは主にお茶に含まれる旨み成分のアミノ酸だ。テアニンはお茶の木の根で作られ葉に移動する。また、日光に当たるとテアニンは渋み成分のカテキンになることから、カテキンの原料といえる。つまり、日光に当てる時間が短い玉露やかぶせ茶、抹茶などの高級茶にはテアニンが多く、日光に当てる時間が長い普通の煎茶や番茶はカテキンが多くなる。

 

 テアニンの機能性に詳しい太陽化学ニュートリション事業部の小関誠さんによると、テアニンを50mgや200mg摂取すると、30分〜1時間後に脳波にα波が出るという研究があるという。α波はリラックスした気分のときに出るため、リラックスしているかどうかのひとつの指標になるそうだ。

 

 また、テアニンは自律神経系へも働きかけ、緊張やストレスがあるときに働く交感神経を抑制することが分かっているという。

 

 こういったリラックス効果から派生して、さまざまな健康効果が期待できるといわれている。

 

 まずは、ストレスの緩和だ。「12人に計算テストなどで故意にストレスを与える実験を行ったところ、テスト前にテアニン200mgを摂取した群は、偽成分をとった群に比べ、心拍数やだ液中のストレスホルモンの指標が有意に低い結果が出ました。心拍数の減少はテアニンが交感神経を抑制する働きによるものと考えられます。また、被験者のアンケートによると、テアニンを飲んだときのほうが、ストレス感が緩和されたという結果が得られました(*1)」(小関さん)。

 

 また、睡眠の質を改善する効果も期待できる。「22人に就寝前にテアニンを200mg摂取してもらう実験を行ったところ、テアニンを摂取した群は、偽成分をとった群に比べ、起床時に疲労回復感を得られたり、昨夜は長く眠れたと感じたりした度合いが高い結果になりました。2つの群は睡眠時間が同じにもかかわらずこうした結果が得られているので、テアニンの摂取により睡眠の質が上がったと考えられます(*2)」(小関さん)。

 

 さらに、テアニンはビジネスパーソンに嬉しい働きがある。いい仕事をするのに欠かせない「〇〇力」を高めてくれるというのだ。

 

 テアニンが高めてくれる力、それは「集中力」だ。リラックス効果とは反対のように感じられるが、テアニンには集中力を高める働きも期待できるという。

 

 「18人の被験者を不安を感じやすい高不安群と感じにくい低不安群に分け、画面に特定の数字が表示されたとき、また、特定の音が聞こえたときにボタンを押す連続作業の実験を行ったところ、テアニンを摂取した高不安群は、心拍数が有意に減少し、視覚的注意は有意に高くなりました。また、反応時間も有意に改善しました(*3)」(小関さん)。

 

 これは、テアニンの摂取でリラックスした状態になったことにより、単調な連続作業を行うときのイライラを緩和することができ、作業の集中力が高まったからだと考えられるそうだ。

 

目的によりお茶とサプリを使い分けよう

 

 前述のストレス緩和や睡眠改善のデータは、テアニン200mgを摂取した場合のものだ。この量をお茶でとるのは難しい。ただし、「個人差があるが、被験者を不安になりやすい人とそうでない人に分けると、不安になりやすい人では50mgでもリラックス時にみられるα波が出現する効果がありました」と小関さん。テアニン50mgは玉露や抹茶を1?2杯飲めばとれる量だ。

 

 しかし、テアニンをお茶でとろうとすると、カフェインも一緒にとることになるので注意が必要だ。カフェインには興奮作用があるためテアニンのストレスや睡眠への効果を弱めてしまうといったこともある。リラックスや快眠が目的なら、サプリメントでテアニンのみをとるのがおすすめだという。

 

 ちなみに、「テアニンは睡眠薬のように強く眠気を誘発するわけではないため、日中の作業や運転における安全性は確認されています。しかし、体感的にはボーッとした感じがするという人もたまにいるため、個人の体調に合わせて利用するようにおすすめしています」(小関さん)

 

機能性表示食品の登場で注目度が上昇

 

 最近、テアニンが注目されるようになったのは、昨年の4月に登場した「機能性表示食品」の影響が大きい。

 

 機能性表示食品はトクホ(特定保健用食品)と似ているが、表示できる内容が違う。トクホの場合、その食品を食べた人に有効性があったかどうかの客観的な評価(血液検査のデータなど)がなければ表示は認められないが、機能性表示食品では、食べた人の主観的な評価をスコア化した研究結果も科学的根拠として認められる。そのため、「疲れ」「睡眠」「ストレス」などに関する表示ができるようになった。それで、テアニン入りの機能性表示食品が脚光を浴びるようになったのだ。

 

 睡眠やストレスの悩みを抱えている人は多い。薬に頼らずに改善したい人にとって、テアニンは注目の成分といえるだろう。

 

 

●出典
*1 Biol Psychol. 2007 Jan;74(1):39-45. Epub 2006 Aug 22
*2 日本生理人類学会誌 9(4), 143-150, 2004-11-25
*3 Higashiyama A et.al. Journal of Functional Foods (Impact Factor: 3.57). 07/2011; 3(3):171-178

 

 

日経Gooday
2016/3/6 村山真由美=フリーエディター・ライター

関連ページ

スマホいじりが不眠症のもと!?
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
不眠症を医師に相談するときの5つのポイント
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
眠れない、疲れがとれない…
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
オルゴールを聴きながら眠りに
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
睡眠薬の使用、適切に
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
市販睡眠改善薬に潜む危険性
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
睡眠薬を賢く安全に使う
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
眠りの不調、病気のせいかも
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
SNSが気になって仕方ない
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。
睡眠薬を飲むのは嫌!
不眠症に関する最新のニュース記事、話題を紹介しています。